ドラッグストア好きな人はココ愛用♪ 口コミ商品・最新テク商品がズラリ♪
"もっと"簡単ショッピング Store-mix.com




★★ 商品をチェックしましょう ★★




サイズを測りましょう

 写真を撮るときに商品を引っ張り出し、撮影後片づけて、それからまた、出品するときにパソコンの隣に品物を引っ張り出してきて、
 サイズをはかったりしながら入力、出品していくのはなかなか面倒なものです。

 商品を引っ張り出してきて、ひとつひとつ調べなければいけない回数は、できるだけ減らした方が効率的です。

 そのためには、写真を撮ったついでに、商品の重さをはかったり、実寸法などをはかってメモしておくとよいでしょう。
 いざパソコンに向かって出品する際には、メモだけあれば簡単に出品できるようにしておくと、手間が省けます。

 必要な物は、メジャー(金属の巻き尺タイプが片手ではかれて使いやすい)、重さをはかる場合は、家庭用(料理用)
 のスケール(はかり)、体重計(1キロ以上の物をはかる)。
 ついでに、気づいた時にサッとお手入れできるように、はみ出ている糸を切るハサミや、汚れを拭き取るウェットティッシュ
 なんかもそばにあると便利です。


 サイズをはかる際の注意点

 ★化粧品や食品など分量があるものは、もともとは何ml入りで、あとどのくらい残っているのか、おおよそメモしておきましょう。

 ★シミや汚れ、ほつれなど、特筆すべき難点があるかどうか、すみずみまで点検しましょう。
 チャックがしまるかどうか、機械ものであれば動作確認は大丈夫か、しっかり点検しましょう。
 シミや汚れがある場合は、その程度と状態をメモしておきましょう。たとえば、汚れの濃さや大きさ(cm)などです。

 ★サイズがあるものは できるだけ詳しくはかりましょう。 靴などは、ヒールの高さなども質問されることがあります。
 カバンなら、縦・横・幅・ポケットの有無など…服なら、肩幅、胸囲、着丈、袖丈…といった具合に、詳しくはかりましょう。
 服などは素材もメモしておきましょう(アレルギーでウールがダメ、なんて方もおいでます)。

 出品から落札までの流れを考えておこう

 
 私の場合は、出品のときに送料も明記して出しますので、サイズをはかるついでに重さもはかります。
 梱包材の重さはおよそ20gとして足します。

 出品のパターンとしては、以下のように3パターンにまとめられると思います。ご自分がどれを選ぶかは、
 それぞれのメリット、デメリットを考慮してお考え下さい。

 私は2ですが、3がもっとも一般的です。

 1 写真を撮る→梱包する→重さをはかる→出品する(正確な送料を記載)→落札
 メリット…送料が事前にわかって入札者に大変親切
 デメリット…出品中にQ&Aで質問が来たら、梱包をほどいて調べてまた梱包しなければならない可能性がある

 2 写真を撮る→重さをはかる→出品する(梱包材の重さをおよそで足し、送料を記載)→梱包する(落札後でもよい)→落札
 
メリット…Q&Aで質問がきても対応できる、送料が事前にわかって入札者に大変親切
 デメリット…もし梱包が重くなったら送料が増し、超過分をこちらが負担しなければならない

 3 写真を撮る→出品する(送料は記載しない)→梱包し重さをはかる→落札者に案内メールで正確な送料を記載する
 メリット…送料が正確に出せる
 デメリット…送料が事前にわからないので入札者には不親切


オークションのひみつ

Copyright (C) 2003 Kerorin All Rights Reserved.