ドラッグストア好きな人はココ愛用♪ 口コミ商品・最新テク商品がズラリ♪
"もっと"簡単ショッピング Store-mix.com




★★ 出品のコツ ★★




まとめて一気に出品するのがお得です

 出品する際には、できるだけ一気にまとめて出品した方が、お客さんがたくさん来てくれて、にぎわいます。

 普段は売れ残るようなものでも、ついでにあれもこれも、まとめて購入して下さる方もいます。

 発送などが多少大変になりますが、余裕があるときには、2〜3個ではなく、一気に10個以上くらいの単位で出品しましょう。

 また、できるだけ同じ種類のものはまとめて出品しましょう。
 たとえば今回は女性用の衣類を出品し、次回は生活用品を出品する、といったふうです。
 同じ種類のものをまとめて出品してあると、その類の商品に興味のあるお客さんが他のものにも当然興味を持ってくれ、
 あれこれ見ていってくれます。

 また、まとめ出品すると、落札額アップにもつながります。お客さんがたくさん来てくれますから、
 落札金額も競って上がりやすくなるわけです。

 出品の個数のめやす

 仕事をお持ちの方で、一人で出品作業をこなすのであれば、梱包・発送などが大変ですので、 1回に30個程度が限界かと思います。
 ひとりで30個はかなりキツいです。10〜15個くらいがそれほど疲れずにちょうどの量かと思います。

 また、まとめ出品したものは、終了日は同じ日にした方が効率的で、連絡ミスや発送間違いを防ぐことができます。
 お客様にとっても、毎日パソコンを開けるとは限りませんので、いくら興味のある品がたくさんあっても、バラバラ終了日が違っていると、
 入札しずらくなります。
 季節に合ったものを出品しましょう

 やはり、真夏に冬物を出品しても、お客さんはほとんど見に来ません。せっかく良い物を出品しても、格安で落札されて
 しまいます。より高値で売るには、季節にぴったり合ったもの、または、季節の直前のものを出すようにしましょう。

 逆に、オークションで仕入れする時には、季節外れ、またはシーズン終了際あたりのものが安くて有利です。
 3・4月ごろはセーターは格安で手に入りますし、10月ごろには水着が安くなるといった具合です。
 売れやすいカテゴリーを選びましょう

 今、ヤフーオークションで一番売れているカテゴリーは以下の通りだそうです(ヤフーによる発表)。

 まったく異なるカテゴリーに出品するのは違反ですが、工夫して考えてみると、その商品にあてはまるカテゴリーがいくつかあると
 思います。出品するカテゴリーは、できるだけ活発なものを選びましょう。

 たとえば、お皿の小鉢などは、食器カテゴリーとインテリア小物入れカテゴリーと、どちらにも当てはまりそうですから、
 どちらが活発に入札が入っているか比べて、活発な方に出品しましょう。

   1位 本、雑誌(ビジネス、経済、資格)  ―――― 落札率63.8%
   2位 タレントグッズ(ミュージシャン)   ―――― 落札率61.7%
   3位 ベビー用品(セイフティグッズ)    ―――― 落札率61.0%
   4位 チケット、金券(映画)         ―――― 落札率59.8%
   5位 ベビー用品(授乳、食事用品)    ―――― 落札率57.6%
                         (2003年6月データ)


オークションのひみつ

Copyright (C) 2003 Kerorin All Rights Reserved.